プリザーブドフラワーは、生花を特別に加工した花です。
Preserve は、「保存する」という意味で、直訳すれば、「保存された花」。
生花のようにみずみずしくてやわらかいのに、長い間美しさを保つことができることから、
生花でもなくドライフラワーでもない「新しい花」「長い間美しい魔法の花」といわれています。
最近では遠くにも持ち運びができるという利点から、
海外挙式や、思い出を保存しておきたいという願いから、
ブライダルや贈り物などに人気を集めています。

フラワーサロンプリンセスでは、既に加工され美しく染められた花を用いてアレンジメントをします。
生花を薬品につけて染める1からの加工は特殊な作業となり行っておりませんが、
お問い合わせもいただくため今後レッスンに取り入れていこうか検討中です。


                              どのようにつくられていますか?

                                    生花を原料とし、着色料、オーガニックやその他を混ぜた薬剤を花の力によって吸い上げ、特別に加工しています。
                                    花の力によって吸い上げるため、
                                    着色された花とは違う自然な風合いや色彩が魅力です。

                             プリザーブドフラワーの誕生

                                    プリザーブドフラワーの始まりは、’70年代の終わり頃、ブリュッセル大学とベルリン大学の共同研究開発に端を発し、
                                   ’87年に技術はほぼ完成します。この研究に参画していたヴェルモント社が「長寿命な切り花の製造技術」という特許名で申請し、
                                   ’91年世界特許認定を受けてパリで正式に発表。これがプリザーブドフラワーが世にでた最初のことです。
                                    日本でのデビューは’93年、やはりヴェルモント社によって紹介されたのが始まりです。

                             プリザーブドフラワーの特徴

                                    プリザーブドフラワーの最大の特徴は、長い間美しい花姿が楽しめることです。
                                    しかも、生花のようにみずみずしくソフトな風合いを持ち合わせています。
                                    とくに、最近はますますクオリティがアップ。ちょっと見ただけでは生花とほとんど見分けがつかなく、花色も生花以上に豊富です。
                                    薔薇のブルーは、難しく、何度か研究開発を重ねられ最近は紫にちかい色合いが市場でも見られるようになりました。
                                    プリザーブドフラワーでは、現代ではまだ不可能な深いブルーや、淡いブルーなど様々な色合いも存在します。
                                    ブライダルではサムシングブルーという言葉があるように、何かブルーの物を一つ取り入れると幸せになれると言われているので
                                    プリザーブドフラワーはブライダル業界での需要が高まっています。
                                    その他にも、涼しげなブルーのローズは夏のインテリアにも最適です。
                                    さまざまな色合いが季節によっても楽しめるという魅力があります。

                             プリザーブドフラワーの保存方法と注意点

                                 お水は禁物です!水をやる必要がないので、お忙しい方にもおすすめです。
                                 ケースに入れて保管することで、永く楽しむことができます。

                                 花びらの周りが白くなってきたり、色が落ちてきた・・・できあがった作品は色移り、色落ちの原因となる高温、多湿、直射日光はさけてください。
                                    洋服などに色移りした場合はすぐにクリーニングにお出しください。

                                 花が透き通ってきた・・・湿気を吸っているようです。乾燥剤をいれたり、除湿のきいた部屋で管理することも有効です。
                                    メーカーによっては乾燥しすぎて花びらが割れてしまう場合もあります。湿気を適度に吸わせることも必要です。

                                 花びらのワレ・・・乾燥しすぎると花びらがひび割れることがあります。生花を加工しているため少々の花びらの割れなどもみられます。

                                 ほこり・・・同じ場所に飾ってあった時にどうしてもほこりをかぶってしまいます。
                                    置く場所を時々変えたりなどする方法もあります。もしほこりがかぶってしまった場合は、
                                    ドライヤーの弱い低温の風を少し当てて吹き飛ばしたり、やわらかい筆などで払ってください。




戻る
戻る


Copyright(c) 2011-2016 Rose tiare . All Rights Reserved